『青少年問題』第65巻秋季号672号(平成30年10月号)
5bdfd684ef843f2f17000462

『青少年問題』第65巻秋季号672号(平成30年10月号)

¥455 税込

送料についてはこちら

特集 若者のデート暴力とストーキング 【目次】 ●巻頭論文 つながりすぎないこと (中村 正) ▶特集論文 ・若者の攻撃・暴力が発現するとき――攻撃行動の情報処理 (荒井 崇史) ・デート暴力被害の進展段階――高校生、大学生、20代後半の未婚女性を対象とした調査から (相羽 美幸) ・二人の相互作用に潜むDVリスク――一次予防の必要性 (相馬 敏彦) ・デートDVの予防教育プログラムについて――アクティブラーニングを用いたプログラムの効果検証 (赤澤 淳子) ・親密な関係破綻後のストーカー的行為の加害リスク要因――パーソナリティ特性、過去の交際時の関係性、関係破綻後の思考や感情の観点から (金政 祐司) ・デート暴力とストーキングの被害者の援助要請 (島田 貴仁) ・京都府警察における総合的なストーカー対策の推進――予防の三段階における青少年へのアプローチ (入澤 今日子) ・〈特集の解説〉特集「若者のデート暴力とストーキング」の編集を終えて (小林 寿一) ≪連載 現場から見た青少年問題㊾≫ 陸前高田から世界を変えていく――絶望の淵から無限の可能性へ(上) (村上 清) ▶自著を語る ・『児童館の歴史と未来――児童館の実践概念に関する研究』 (西郷 泰之) ・『高校生の市民性の諸相――キャリア意識・規範意識・社会参画意識を育む実践の検証』 (林 幸克) ・『刑事裁判における人間行動科学の寄与――情状鑑定と判決前調査』 (須藤 明) ・『人口減少社会と高校魅力化プロジェクト――地域人材育成の教育社会学』 (樋田 大二郎) 広報 東京都若者総合相談センター 若ナビα (東京都) 〈編集委員からのひと言〉親子の向き合い――教員の目線と親の目線 (渡邊 一弘)